ばね指

   

           
  • 指を曲げようとするとバネのように伸びる
  • 指が曲がったままで、伸ばしづらい
  • 指にひっかかっているような感じがある
  • 指からポキポキと変な音がする
  • 指の関節や付け根の痛みが強くなってきた

 

ばね指とは

指の腱鞘炎の一種で、手の指の関節に引っかかり感が出てきて、曲げ伸ばしが不自由になる症状です。特に朝痛くなったり、手の曲げ伸ばしがしにくくなります。

力が入りづらくなり、ポキポキと音が鳴る場合や、スムーズに動かせなくなったりした場合はばね指の疑いがあります。

ばね指は曲げ伸ばしする際に動かす腱が、不必要に浮いてしまう事を予防している靭帯性腱鞘(腱鞘 けんしょう)との中間部分において炎症が生じている事が原因であり、ばね指が生じている部位の中では特に小指が多いのです。

実は、ばね指は生まれつきの方も多いので、多くの方は取り分けて対策をせずに過ごしていますが、進行具合によっては指が伸びなくなり、中には手術が必要になるケースもあります。

そうなる前に改善していくことが大切になります。

ばね指の原因

ばね指の原因は、手指の使いすぎによる炎症が原因が多くみられます。

スポーツなどのゴルフやテニスなど、何かを強く握ることが多いスポーツや、長時間のパソコン操作などで指を酷使すると、関節内を支えている腱鞘(けんしょう)に、使いすぎて腫れてしまった腱が 引っかかることで痛みなどの症状が発生します。

ばね指は、痛いからといってあまり動かさないと、大事な筋肉や靭帯の筋力低下にもつながるので早めの施術が肝心です。

えんどう鍼灸接骨院の治療法

名古屋市西区 えんどう鍼灸接骨院では、今ある痛みを和らげ、原因をきちんと解消する施術で再発を防ぐことに力をいれています。

また症状が酷い方には、信頼のできる整形外科のドクター(手の専門医)をご紹介することも御座います。

ばね指を改善するためには、まず腱や腱鞘の炎症を取り除くことが重要だと考えます。

日常生活の中で「指を曲げる」動作はかなり多く、指を動かさず安静にするのもなかなか難しいために悪化しやすいのが実状です。
そんな中ばね指を改善するためには、原因である腱と腱鞘の炎症・腫れを早急に取り除き、痛みを緩和させるほかありません。

当院では、つらい痛みから一日でも早く解放されるよう、これらのアプローチを慎重にすすめ、根本改善を図ります。