自律神経失調症

   

           
  • めまいや立ちくらみを感じる
  • 息切れや胸を締め付けられる
  • 肩こりや疲労感がなかなかとれない
  • お腹の不調(便秘や下痢)を繰り返している
  • 季節の変わり目に体調を崩す

当院では、自律神経失調症に対して、整体治療や鍼灸治療を用いて、症状を和らげます。医療機関に行っても良くならない方、根本的に治したい方、お問い合わせお待ちしております。

自律神経失調症はなぜ起こる?

自律神経は、無意識のうちに血管や内臓、筋肉をコントロールし、体内の環境を整える働きがあります。

睡眠時も呼吸が出来たり、心臓が働いてくれるのも自律神経のおかげです。

自律神経には、『交感神経』と『副交感神経』の2つがあります。

『交感神経』は運動している時や考え事をしている時など、頭や体が活発に働くときの神経です。

『副交感神経』は寝ている時など、体がリラックスしている時に働きます。

『交感神経』:『副交感神経』のバランスは、1:1.5が体にとって良い状態と言われております。

現代は、睡眠時間が少なくストレス社会を生きる方が増えており、理想とは反対に交感神経が働くことが多く、自律神経が乱れやすくなります。

原因となるストレスには、大きく分けて2つあります。

天候や人間関係、学校のテストや会社での大きな仕事など自分以外の環境による外因的ストレス。

体の姿勢や性格、体質などからくる内因的ストレスです。

姿勢が悪くなると内側にある内臓の働きが悪くなり、血管や神経の活動が低下し自律神経が乱れてしまいます。