交通事故治療(むち打ち・首の痛み)

   

           
  • 追突事故に巻き込まれて、首を痛めた
  • 首の後遺症が心配
  • レントゲン検査では異常ないのに、不調
  • 自転車で車とぶつかって首がしびれる
  • 友人の車に同乗していて事故にあい、首から背中が痛い

交通事故に遭い、どの病院へ行っていいのかわからない方、また、交通事故の治療をきちんと受けたい方は名古屋市西区のえんどう鍼灸接骨院へお越しください。当院の院長は、交通事故専門士なので、交通事故被害に遭われた方の万全のサポートができます。交通事故に遭い、早めに施術を開始しないと、痛みが残る可能性があります。まずは、無料相談をご利用ください。その後の手続きやお悩みも当院が解決いたします。

病院で行われる治療とは

交通事故に遭ってしまった場合、ほとんどの方が、病院・整形外科へかかります。

しかし、『首が痛い』『手がしびれる』『腰が痛む』などの症状があっても、レントゲン検査などでは「異常なし」と診断されることが多いのです。レントゲンは、骨の異常以外の損傷が把握しづらいためです。その結果、痛み止め薬や湿布を処方され、経過観察となり、通院しても身体の調子が良くならないと悩まれる方が大変多いようです。痛み止め薬だけでは、筋肉や靭帯(じんたい)などの回復につながらず、その場しのぎの鎮痛になってしまうこともあります。

むち打ち症の症状と分類

「むち打ち症」は、主に自動車の追突、衝突、急停車等によって首が鞭(むち)のようにしなったために起こる症状を総称したものです。正式な傷病名ではなく、「頸椎捻挫」「頚部損傷」「外傷性頚部症候群」などと呼ばれます。

【頸椎捻挫型】

頸椎のまわりの筋肉や靭帯、軟部組織の損傷で最も多く70~80%を占めているとされています。首の後ろや肩の痛みは、首を伸ばすと強くなります。首や肩の動きが制限されることもあります。

 

【根症状型】

頸椎のならびに歪みができると、神経が圧迫されて症状がでます。首の痛みのほか、腕の痛みやしびれ、だるさ、後頭部の痛み、顔面痛などが現れます。咳やくしゃみ、首を横に曲げたり、回したり、首や肩を一定方向に引っ張ったりしたときに強まります。

 

【バレ・リュウ症状型】

後頚部交感神経症候群ともいいます。頸椎に沿って走る椎骨動脈の血流が低下し、頭痛、めまい、耳鳴り、吐気などの症状が現れると考えられています。

 

【脊髄症状型】

頸椎の脊柱管を徹脊髄が傷ついたり、下肢に伸びている神経が損傷されて、下肢のしびれや知覚異常が起こり、歩行障害が現れるようになります。また、膀胱直腸障害が生じて、尿や便が出にくくなるケースもあります。

 

【脳脊髄液減少型】

一時的に髄液圧が急上昇しその圧が下方に伝わって腰椎の神経根にもっとも強い圧がかかりクモ膜が裂けると考えられています。脳脊髄液減少症の症状はきわめて多彩で、いわゆる不定愁訴がそれに相当します。初期には頭痛が特徴的です。また、これらの症状には天候に左右されるという特徴がみられます。ことに気圧の変化に応じて症状が変化します。

 

 

手技、多彩な治療器で鎮痛効果をあげ、根本回復をめざします

低周波治療器、干渉波治療器等を用い、関節や筋肉の痛みを減少させるとともに、筋肉深部を刺激して筋肉の緊張を緩めます。骨盤矯正や筋膜調整で、全身の骨格と筋肉にアプローチして、元の機能を回復させていきます。